投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日が締め切り

 投稿者:常連のはる  投稿日:2018年12月13日(木)04時01分19秒
  某学会の企画セッションの応募締め切りが今日です。
例のダイグロシア暴走教授からは、発表要旨がまだ届きません。
発表できないならできないということで良いんだけどなー。

それと別に、今週末、ダイグロシアをテーマに研究会。

どうなるんかいなあ。
 

過去分詞の一致

 投稿者:じゅんや  投稿日:2018年12月12日(水)21時27分35秒
編集済
  フランスのフランス語では、
(1)完了の助動詞が avoir のとき、過去分詞は無変化が原則だが、
(2)直接目的補語が動詞より左にあるときにかぎり、過去分詞を例外的に直接目的補語に性数一致する、とか、
(3)ただし使役動詞 faire のときは例外の例外、とか、
(4)ただしおなじ使役動詞でも、laisser のときは例外の例外の例外、とか、
こんなもん、あきらかに近代にはいってから規範主義者が恣意的に規約化したものですからねえ。
さっさと(1)だけにするのがよいというものです。

しかし、直接目的補語が中性代名詞 en のときはまるっと不可算扱いして過去分詞を無変化にするフランス語に対し、イタリア語は、直接目的補語が中性代名詞 ne のときでも、意味的な指示対象に過去分詞を性数一致させるとか、あきらかにフランス語より複雑じゃないですか?
 

所長さん

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2018年12月12日(水)20時32分24秒
  ありがとうございます。やはりそうでしたね。
この曲の原詩がドイツ語であることはもちろん知っていました。英語版とは一部違いますね。
オーストリアの田舎町の教会を舞台にどうやってこの曲が生まれたか、よく知られた話ですが、
一応ご紹介しておきます。
https://www.wien-kanko.com/2014/12/24/%E3%81%8D%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93%E3%81%AE%E5%A4%9C-%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%8B%E3%82%89%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F/
 

ベルギー、フランス語正書法の単純化を決定

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2018年12月12日(水)13時20分51秒
  フランス語版虚構新聞かと思ったら、本当のことらしい。びっくり。
https://www.liberation.fr/france/2018/09/03/les-belges-sont-decides-a-simplifier-l-orthographe-du-francais_1676207
 

Re: きよしこの夜

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2018年12月12日(水)13時20分4秒
  亀レスすみません。僕も2行目と3行目をつなげて All is calm, all is bright round yon Virgin, Mother and Child. と読むのが正しいと思います。

この曲、原詩はドイツ語らしく、たとえば↓にドイツ語詩が載っていますが、
http://www.geocities.jp/ezokashi/d_stillenacht.html

ドイツ語でも2行目と3行目で一文、4行目と5行目で一文になっていますね。音楽の切れ目とは必ずしも一致しませんが、こういうことはままあることですので。
 

tさま

 投稿者:じゅんや@モバイル  投稿日:2018年12月10日(月)09時39分45秒
  ご教示をありがとうございます。
下に長い文字につけるとき、下につける補助記号を上においてもよいとする規則を、思わず知らず拡大解釈してしまっていたかもしれません。
Dalbera-Steganaggi については、下つきのティルダをきしみ音ととる解釈も一応再考しましたが、やはり鼻音化の強弱のようです。我流ですね。
 

ティルダの位置

 投稿者:  投稿日:2018年12月10日(月)00時22分42秒
  じゅんやさん

IPAのティルダですが、上につけるか下につけるかによって意味が変わります。

上につけた場合は鼻音化を表しますが、下につけた場合は発声がきしみ声(creaky voice)であることを表すのです。

その著者のように鼻音化の程度を区別したい場合、正式なやり方はないのですが、音調が「高」ではアクサンテギュが1つ、「超高」では2つという例がありますので、これにならってティルダを2つ重ねて鼻音化の程度が大きいことを表した方が直観的にもわかりやすいでしょうね。いまMS Word で試したら、2つまでは重ねることができました。
 

yon

 投稿者:でんでん@通訳姫  投稿日:2018年12月10日(月)00時06分57秒
  ふと歌ってみたら、私はずっと young だと思って歌っていたことに気づきました。
 

クリスマスパーティー

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2018年12月 9日(日)22時17分0秒
  歌詞の説明をするヒマもなく、歌唱指導だけで無事終わりました。終了後一人の参加者から「きれいなテノールですね」と褒められました。
キーがB♭の楽譜を使ったので、最高音はE♭(一度目のheavenlyの第一音節)。こんなんでテノールとは言えませんが、
まあそう聞こえたのなら良かったのかな。
というわけで、英文解釈の問題はもうけっこうですから皆さまどうぞお好きなことを書きこんでください。(自意識過剰?)
 

非キリスト教徒の私が

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2018年12月 8日(土)23時29分56秒
  明日、とある団体のクリスマスパーティーなるものに参加して、「きよしこの夜」英語版の歌唱指導をする羽目になりました。
いちおう英語教師なので歌詞の説明ぐらいできなきゃと思いあらためて読み直してみると、けっこう難しい。
(以下の歌詞は、とあるサイトのコピペ。正しいかどうか保証しません。)
Silent night, holy night!
All is calm, all is bright.
Round yon Virgin, Mother and Child.
Holy infant so tender and mild,
Sleep in heavenly peace,
Sleep in heavenly peace.

よくわからないのは3行目。yonはyonderだから、「向こうにいる聖母と子の周り」か。(Virgin, Motherは、コンマがあるけど、処女なる母、
つまり聖母のことでしょう。)
この1行は前の行に係って、
「向こうにいる聖母と子の周りは、すべてが平穏で輝いている」ということ?
音楽的には次の行に係る気がするが、Child = Holy infantのはずだから、「聖母と子の周りにholy infantが居る」じゃおかしい。
最後のSleepは、三単現のsがないから命令法、つまり、「眠り給う」ではなく「眠り給え」ですよね。
ネットで出回っている訳はほとんどがいいかげんなので、以上のように考えてみたけど、これでいいのかな。
 

所長どのがIPA講座にお出ましなので、IPAの話題を

 投稿者:じゅんや  投稿日:2018年12月 8日(土)23時21分51秒
編集済
  画像は Marie-José Dalbera-Stefanaggi : La langue corse, P.U.F. からです。
強勢をあらわす ' を音節のまえではなく母音のまえにおくのはコルシカ語の辞書や言語地図などで共通しているのでおどろきませんが、鼻母音をあらわすティルダ(~)を母音字母の上につけたり下につけたりしています。
IPAの約束ごとでは、スペースの都合でティルダを上につけても下につけてもよいことになっていることとは思いますが、このひとの場合、ローカル・ルールで、「強い鼻音化のときは上につけ、弱い鼻音化のときは下につける」ことにしています。
たとえば画像のなかでも、おなじ母音の上につけたり下につけたりしており、その意味は地の文を読んではじめてわかりました(とくに「本書の依拠する表記法」のような凡例はない)。
 

まったく

 投稿者:たこ焼き村@スマホ@新神戸駅  投稿日:2018年12月 8日(土)19時13分25秒
  自分たちがもう大学生にならないからって好き勝手なことを言わないで欲しいですよ!(怒)  

Re: 経団連「数学は全学生必修に」 若手育成で提言

 投稿者:じゅんや  投稿日:2018年12月 8日(土)19時00分45秒
  どうせ、たいがい、「数学をやらせときゃ金勘定もできるし、経営見通しも立ててくれるじゃろう」程度の浅はかな考えですよ!(怒)  

というわけで

 投稿者:たこ焼き村@スマホ@のぞみ  投稿日:2018年12月 8日(土)09時08分19秒
  音声学入門講座「IPA入門」のため、神戸に向かっております。念のためにパワポ中のIPA一覧表を2018年版に取り替えておきました。車内では、それとは無関係の論文を読みます。  

うーむ・・・

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2018年12月 7日(金)22時31分46秒
  ちょっと寝不足+明日早起きなので、そろそろ寝ます。明日考えよっと。  

 投稿者:常連のはる  投稿日:2018年12月 7日(金)22時17分21秒
  じゃあ、何が revise されたんでしょうね?
まさか、年号だけ?!
謎は残ります。
 

ありがとうございます。

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2018年12月 7日(金)21時36分41秒
  Kiel, Doulos, DejaVu に関しては、フォントのデザインも含めて完全に同じだと言っているように読めますね。で、その後の

See the Association’s chart webpage for more information about, and comparisons of, the fonts used in these charts.

というところをクリックして飛んでも、2015年版と2018年版の違いについては何の説明もありません。(2018という数字自体が出てこない。)

ま、同じと思っておいて大丈夫そうですね。
 

↓↓↓IPA

 投稿者:常連のはる  投稿日:2018年12月 7日(金)20時03分45秒
  The full Kiel, Doulos, and DejaVu charts here are the same as the 2015 pdf charts on the Association’s website except that they are dated 2018.
https://linguistics.ucla.edu/people/keating/IPA/IPA_charts_2018.html

私の中学英語の範囲内の理解では、つまり、基本的には日付(?)が2018になっている以外の違いはない、と。
フォントのデザインの違いという理解でよろしいんでしょうかねえ。。。
 

田端については

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2018年12月 7日(金)15時06分13秒
  > 文士村があるからせめてリテラリーヴィレッジとかにしてほしい 芥川龍之介も室生犀星も堀辰雄も住んでたんだぞ

というコメントがありました。(それに、田端には駒込にないアトレがあるしね。ぶつぶつ)
 

駅名

 投稿者:でんでん@通訳姫  投稿日:2018年12月 7日(金)14時34分16秒
  個人的には「有楽町オールモストギンザ」がツボりました。
「田端ナッシング」はかわいそうですねえ。誰か何か探してあげて。(笑)
 

/954