投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


そして

 投稿者:Daejin  投稿日:2017年 7月25日(火)23時50分48秒
  ベートーベンだけでなくチャイコフスキーも一緒に隠れん坊。  

West Side Story

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月25日(火)07時06分28秒
  話題をころころ変えて失礼。ミュージカル「ウェストサイド物語」の終盤に歌われるSomewhereという美しい曲。
https://www.youtube.com/watch?v=-BQMgCy-n6U

某党、じゃなかった、冒頭の旋律が、某ピアノ協奏曲の第2楽章の一節にそっくりなことに気づいた方は、かなりの音楽痛、じゃない、音楽通です。

作曲者のレナード・バーンスタインは、言うまでもなくクラシックの大指揮者でもあり、某ピアノ協奏曲のレコードも出している。知らないはずがない。
引用であることを自ら認めているとも聞きますが。
 

美しい国 にっぽんを賛美して

 投稿者:平社員  投稿日:2017年 7月24日(月)21時29分45秒
  記憶なし  記憶なければ  憂いなし
変なこと  答えた日には  つぎ浪人
記憶力   なくてもなれる お大臣
記憶力   ないからなれる お大臣
この騒ぎ  聞いてなさるか ばりいさん
恥も捨て  記録も捨てて  次は何
あのひとは ただの友達   無関係
この場だけ 過ぎれば忘る  わたしたち
 

いま袋叩きにあっている

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月22日(土)05時36分23秒
  某防衛大臣が最も輝いていたころ。自民党野党時代、民主党菅政権をぼろくそ批判した歴史的名代表質問。
https://www.youtube.com/watch?v=UqPkLPbdF3U
これに付けられた賛辞のコメントの数々が、今となっては笑えます。

この質問のあと答弁に立った菅首相は、たしか
「私も野党時代かなり厳しいことばを使っておりました。しかしこれほど汚いことばは使わなかったつもりです」というボヤキから始めたと思います。

実は私、このころの稲田氏がけっこう好きでした。思想的にはともかく、これだけ舌鋒鋭く与党を批判できるのは大した度胸と才能だと思っていました。
それがひとたび責任ある立場に立つと現在の体たらく。
実は同じ体たらくを象徴するもう一人の人物が、ここでぼろくそ批判されている菅直人その人です。

この二人を見ていると、♪人間なんてララララララララ~ という歌が聴こえてきます。
 

その中森明菜

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月21日(金)00時31分35秒
  動画で見てしまいました。やっぱりええわ。明菜はこのとき22歳くらいだったらしい。すごいね。
https://www.youtube.com/watch?v=nRPNR6RqWKc

え?お前は聖子ちゃん派じゃなかったのかって?いや、いいものは何でもいいんです。
 

飾りじゃないのよ涙は

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月21日(金)00時14分45秒
  曲・井上陽水、歌・中森明菜。二人の個性が合体した稀有な名曲。こういう歌を聞くと、中森明菜という歌手が唯一無二の魅力の持ち主だったこと、あらためて感じます。
残念ながら、その魅力が輝いていた時間は短かったけど。

さて「違う」について愚考を重ねてみると
①「君の意見は私の意見と違う」の「違う」は、「同じではない」の意味。
②(誰かの意見に対して)「それは違う」の「違う」は、「まちがっている」の意味。
③「君の意見は違う」の「違う」は、①②両方の可能性がある。
ということでしょうか。

特に②の意味で使われるときは、私のような頭の固いおじ(い)さんが「あれ」っと思うことがあるようです。
 

聞きまつがい

 投稿者:サリー  投稿日:2017年 7月20日(木)14時08分18秒
  電車を降りてすぐ、ホームできいた男声アナウンス。
「晩飯用(ばんめしよう)です」
え?と正気に戻って考えたら
「ご案内終了です」でした。ぷぷ。
 

↓×5 「飾りじゃないのよ涙は」の

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月20日(木)13時16分15秒
  「私泣いたりするのは違うと感じてた」の「違う」と同じ用法ですね。  

ダメダメです。

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月20日(木)12時50分7秒
  先週の金曜日から抗うつ剤を半量にしたのですが、それ以来どうにもやる気がでません。
もとの量に戻そうかなあ。ボーッとしてるヒマはないんだよなあ。

ま、単なる夏バテかもしれませんが。
 

ネトウヨ化といえば

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月20日(木)07時44分22秒
  ケント・ギルバート。かつては穏やかな表情でリベラルな(当たり障りのない)コメントを言っていた「外タレ」さんが、
今では保守御用達ネトウヨ的デマゴーグにご出世あそばされました。
https://www.news-postseven.com/archives/20170522_544436.html
 

「違う」再考

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月20日(木)07時20分48秒
  誰かがおかしなことを言ったときに「それは違う」と言うのは普通のことだから、まあいいのか。
しかし、↓↓の見出しの「 」内を読んで一瞬「え?」と感じるのはなぜなんだろう。
 

某党について

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月20日(木)07時16分34秒
  昔から「コウモリ党」と揶揄されていましたね。  

「違う」の用法

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月20日(木)07時13分15秒
  ヤフーニュースの見出しより。

“二重国籍“蓮舫氏の会見に小籔千豊「かっこええ話になってたのは違うんじゃないかな」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00010000-abemav-pol

まあ言いたいことはわかりますけど、「違う」をこういうふうに使うのは、あるべき姿と違う気がします。
 

↓微妙に本音があらわれているのも

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月19日(水)12時01分41秒
  すべて偶然なわけですが、こういうところで「おおーっ」と声があがるのでしょうな。  

↓↓

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月19日(水)11時55分9秒
編集済
  >(13 重厚長大かつ荒唐無稽な)胸
のように荒唐無稽なのもあれば、
>(39 息もたえだえの)文系は(40 ありがたい)私学に任せるべき」との(41 身勝手な)発言
のように微妙に本音があらわれているものもありますね。
 

公明党の某大阪市議のツイッター

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月19日(水)11時34分1秒
  以前から自民党と見分けがつかないと思っていたが、最近は自民党を通り越してネトウヨと見分けがつかなくなっている。これが今の公明党。
https://twitter.com/ytsuji2001
 

こんな式辞はイヤだ

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月19日(水)10時49分7秒
  (1 ポップな)みなさま、本日は(2 遠い)ご卒業・(3 ひんやりとした)修了まことにおめでとうございます。これから(4 形式だけの)卒業証書、(5 きらびやかな)学位記を受け取られる(6 イケメンの)みなさまにおかれましては、これまで(7 ナウい)大阪大学で過ごされた(8 反日的な)日々のことを懐かしみ、またこれから進まれる(9 わかりきった)就職、(10 お先まっくらの)進学等について(11 おしゃれな)希望と(12 カレー風味の)不安に(13 重厚長大かつ荒唐無稽な)胸を膨らませていらっしゃることと思います。

 さて、ここ数年間の(14 青々とした)文学部・(15 心やさしい)文学研究科をめぐる(16 業界初の)社会の(17 さわやかな)動向をふり返ってみますと、(18 英語ペラペラの)人文学への(19 美しい)風当たりが一段と(20 錚々たる)厳しさを増した(21 まじめな)時期であったとみることが出来るでしょう。平成25年から26年にかけて、(22 うっすらと重い、それでいて風になびくカエルのような)全国国立大学で「(23 チンケな)ミッションの(24 べろんべろんの)再定義」ということが行われましたが、(25 野に咲く花のような)文部科学省からの(26 難しい)書き込みとして、人文社会科学系の(27 なしくずしの)部局に対し、(28 一期一会の)組織再編・縮小を含む(29 地味に笑える)整理の(30 透明な)方向が示され、(31 なめらかな)「文系切り捨て政策」と騒がれたことは(32 先祖代々の)記憶に新しいところです。また(33 フルボッコにされた)産業界関係者から繰り返し「(34 ひょろひょろの)税金を投入する(35 無愛想な)国立大学では、(36 てんこもりの)イノベーションにつながる(37 世界一の)理系に(38 どうしようもない)重点を置き、(39 息もたえだえの)文系は(40 ありがたい)私学に任せるべき」との(41 身勝手な)発言も繰り返しなされているところです。
 

昔、

 投稿者:でんでん@通訳姫  投稿日:2017年 7月19日(水)08時35分0秒
  幼稚園でよくやった「いつ、どこで、だれが、なにをしたかゲーム」を思い出します。
あれ、私、本当に好きで。
それぞれ別々の人が紙に「いつ」(たとえば「昨日」「1年前」など)や「どこ」(「家で」
「トイレで」「森の中で」など)…を書いて出して、それを順番に組み合わせるゲーム。

そういえば、大学卒業前にソレイユの仲間(1つ下の代)たちと伊豆旅行をしたのですが、
そのときホテルでもそのゲームをやったような気がします。

ところで、↓↓のブログを見ていると、形容詞って奥が深いなあ、と思います。
とてもステキ。
 

文学部に入れば

 投稿者:赤い彗星  投稿日:2017年 7月19日(水)00時05分59秒
  こんな(1おどろおどろしい)、じゃない、素敵な文章が書けるようになるよ、って言うほうが、よほど「なるほど文学部は役に立つ」と思ってもらえるかも。
んなわけないか。
 

金水先生の式辞

 投稿者:たこ焼き村@所長  投稿日:2017年 7月18日(火)15時29分59秒
  僕なんかは共感しますが、「文学部なんて役に立たない」という立場の人は全然説得されないでしょうなあ。

ところで同じブログの↓このエントリーは傑作です。爆笑しました。
http://skinsui.cocolog-nifty.com/skinsuis_blog/2016/09/post-ef0a.html
 

/819