teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【無料講座】クロスメディア時代のデザイナー養成のための講座

 投稿者:佐竹京子メール  投稿日:2011年 4月 6日(水)20時41分39秒
  これからの時代に求められる、クロスメディアにおけるデザイン力を
習得し、グラフィック・Web・映像の3分野を自在に行き来して活躍
するデザイナーを育成する為の講座「デジタルデザイン科」が開催さ
れます。
受講料は無料。さらに、条件にあえば、受講中に生活支援給付金
(月額10万円)も支給されます。

詳しくは、http://finemode.jp/kikin2/index3.html  をご覧下さい。

ご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい。

また、説明会を開催します。
参加ご希望の方は問合せ先へ電話かメールで申し込んで下さい。

説明会日時: 平成23年4月15日(金) 19:00~
説明会場所; 東京都台東区蔵前3-4-9 HP東京蔵前ビル6F

問合せ先:  株式会社フォッカープランク(http://fokkerplanck.co.jp)
                           担当者  佐竹京子
       電話   03-3233-8770
       email         kikin.digital.design@gmail.com

http://www.finemode.jp/kikin2/index3.html

 
 

【募集延長】無料講座eビジネスプランナー養成科

 投稿者:佐竹京子メール  投稿日:2011年 3月15日(火)13時04分17秒
  この度の地震に伴う交通機関、通信環境の混乱のため、

追加募集は 3月16日(水)まで1日延期となりました。

情報を発信するために、モノを売るために、集客するために、
ネットの活用は欠かせません。
クリエーターの皆さんに大変役立つ「ITスキル」が無料で学べます。
条件があえば、受講中に生活支援給付金も支給されます。

詳しくは、http://finemode.jp/kikin/index2.html  をご覧下さい。

ご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい。

問合せ先: kikin.dbusiness@gmail.com  (担当 / 佐竹)

応募期限は 3月16日です!(その前に手続きがあります)
お問い合わせ、ご応募をお待ちしています。

http://www.finemode.jp/kikin/index2.html

 

【無料講座】eビジネスプランナー養成講座追加募集 

 投稿者:佐竹京子メール  投稿日:2011年 3月10日(木)18時02分51秒
  追加募集期間終了間近です!
情報を発信するために、モノを売るために、集客するために、
ネットの活用は欠かせません。
クリエーターの皆さんに大変役立つ「ITスキル」が無料で学べます。
条件があえば、受講中に生活支援給付金も支給されます。

詳しくは、http://finemode.jp/kikin/index2.html  をご覧下さい。

ご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい。

問合せ先: kikin.dbusiness@gmail.com  (担当 / 佐竹)

応募期限は 3月15日です!(その前に手続きがあります)
どうぞ宜しくお願い致します。

http://www.finemode.jp/kikin/index2.html

 

無料で「ネットビジネス」が学べます!

 投稿者:佐竹京子メール  投稿日:2011年 2月20日(日)12時29分12秒
  募集期限終了間近です!
東京で基金訓練【eビジネスプランナー養成科】を開講します!

就職活動に向けて、今お持ちの知識・技術に加え、ネットビジネスの
ノウハウを取得する職業訓練クラス開設のお知らせです。
条件があえば、受講中に生活支援金も支給されます。

詳細は  http://finemode.jp/kikin/index2.html  をご覧下さい。

ご興味あるかたは、是非お問い合わせ下さい。

問い合わせ先: kikin.ebusiness@gmail.com (担当/ 佐竹)

応募期限は 2月28日 です!
どうぞ宜しくお願いいたします。


http://www.finemode.jp/kikin/index2.html

 

クリエイターの卵の皆さんへ!

 投稿者:佐竹京子メール  投稿日:2010年 9月16日(木)01時26分10秒
  クリエイターの卵の皆さんに役立てていただきたい情報です。
東京で基金訓練【デジタルデザイン科】開講します!

就職活動に向けて、今お持ちの知識・技術をブラッシュアップ
する職業訓練クラス開設のお知らせです。
条件が合えば、受講中に生活支援金も支給されます。

■基金訓練 実践演習コース■
「デジタルデザイン科」受講生募集

 企業の大小や分野を問わず、パンフレット、企画書、ホームページなど相手に情報や意図を伝える為の媒体はビジネスの成功に大きく貢献します。

 従来の紙媒体に加え、インターネット媒体が加わる事で、デザインのあり方も大きく変わってきました。

 当デジタルデザイン科では、紙媒体、インターネット媒体のデザインの基礎であるグラフィックデザインやまたそれぞれの媒体に必要なDTPデザインやWEBデザイン、今後ビジネスでの利用機会増大が想定される映像制作を学びます。

 ここで習得する知識や技術は分野を問わず、ビジネスの役にたつものです。ぜひ、今お持ちの知識・技術をブラッシュアップして就職に繋げてください。

講座名:デジタルデザイン科
講座期間:6ヶ月のコース。10月25日から始まります。
開催時間:月~金9:00−14:40、
開催場所:都営浅草線の蔵前の駅前に教室があります。
講座運営:株式会社フォッカープランク
http://fokkerplanck.co.jp

 ご興味ある方は、メールをくだされば詳細を連絡します。
kikin-fine-tokyo@freeml.com

 締切は、9月25日です。

以上、よろしくお願いいたします。

http://fokkerplanck.co.jp

 

何故自殺や貧困が広がるのか?

 投稿者:黒猫メール  投稿日:2009年10月 9日(金)21時16分51秒
  ○【8月の完全失業率は5.5%。有効求人倍率は0.42倍】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000024-kyt-l26

○【厚生労働省データ】
http://www-bm.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/ippan/2009/08/index.html

『総務省が2日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は5.5%で、過去最悪を記録した前月より0.2ポイント改善した。失業率が低下したのは7カ月ぶり。完全失業者数は、前年同月比89万人増の361万人。
厚生労働省が同日発表した求職者1人に対する求人数を示す職者1人に対する求人数を示す8月の有効求人倍率(季節調整値)は0.42倍で、過去最悪だった前月と同じだった。
中略
就業者数は109万人減の6296万人。業種別では、製造業が112万人減の1049万人と大幅な減少が続いている。
都道府県別の有効求人倍率は、最も高かったのは香川と島根の両県で0.59倍。最も低いのは秋田県と沖縄県で、0.28倍だった。』

■何故、完全失業率が改善されたか?

此れを意地悪く分析すると、『派遣労働者の失業保険の給付が切れたから…。』と見てとれる。

失業保険の給付が切れて、ハローワークで求職するのを諦めてしまった人達は、失業者のデータにカウントされない。
よって、本当の失業者の数が幾ら増えても、ハローワークでの求職を諦める人達が増えると日本の完全失業率は自然に永遠と下がり続けるのだ…。

---------------

○【生活保護、121万世帯超す。5月時点で過去最多を更新】
http://news.biglobe.ne.jp/social/260/jc_090828_2605934413.html

『厚生労働省は2009年8月27日、全国で生活保護を受けている世帯数は09年5月時点で121万5379世帯(速報値)だったと発表した。
09年4月からは1万1505世帯増加しており、13か月で過去最多を更新。また、生活保護を受けている人数は167万9099人だった。』

■09年5月の完全失業者数は347万人です。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-38782320090630

>『生活保護を受けている人数は167万9099人だった。』

09年5月に347万人の失業が発生しているわりに、09年5月の生活保護受給者が約168万人程度なのは変と言えます。
相当な数の労働者が、所得収入ゼロになったまま困り果てているはずです。

政府、厚生労働省はこの状況を正しく理解して、有効な福祉対策を取る気があるのでしょうか?

放ったらかしにされ、行き詰まっている失業者が、犯罪や自殺やホームレスや野垂れ死にに至ってもおかしくはない状況であることを、政府は理解すべきです。

それは、貧窮している失業者に、最低限、必要な社会保障すら与えない、政府の冷酷さの責任です。
善良な国民労働者を失業、貧困に至らせ、犯罪者や自殺者やホームレスや野垂れ死にに追いやっていると思います。

現状の先進国最悪の国民生活諸データ、労働福状況諸データを無視した、渋チン福祉政策は、政府の『怠慢』あるいは『失政』と言えるものだと思います。
---------------

■世界経済の規模は年々大きくなり続けており、流通するお金(通貨)の量も増え続けている筈です。
しかし、何故か近年の日本は労働者の所得が伸びない。
お金持ちが幾ら儲けても、労働者の所得も一緒に上がれば(下げられなければ)、労働者は文句を言わないでしょう。
しかしながら、非正規雇用が広がり、労働者の所得は下がり続けているのが実状であり、労働者側から不平不満が出ても当然なのです。

労働力が余剰な有効求人倍率が1.0倍以下の雇用情勢が長く続く事によって、競争原理が働かず、労働者の賃金がどんどん買い叩かれる様な雇用のデフレスパイラルに陥っていると推察します。

---------------

■『何故自殺が増えるのか?』の理屈を別な目線で分析してみました。


■失業貧困労働者層に対して、最低限のセーフティネットや所得再配分(ベーシックインカム)をもうけてから、競争社会をすべきです。(でないと、ただの原始資本主義です。)

日本よりも激しい競争社会と言われる欧米先進国だって、そのくらいはやっています。
やっていないのは日本だけです。
日本の自国民非正規雇用労働者の生活環境、労働環境は、先進国G7中で最低です。

又、近年、労働者の二極化、失業貧困化が進む現象は、世界的な問題になって来ていると考えられます。
それには、グローバル化による世界的な労働力余剰の問題と、金融投資経済の膨張過熱によって実体経済が過負荷を受けている問題があると思います。


○【NHKスペシャル - アメリカ発「世界金融危機」】
http://www.geniuslab.net/2008/10/post-5.php

『今回の金融危機の大きな背景にあるのは、「実態経済」に比べて「金融資産」、つまり「投資マネー」が急拡大したことにある。
1990年には、実態経済は3100兆円、金融資産は5500兆円と、その差2400兆円だった。
それが、2007年には金融資産が大幅に拡大し、実態経済が6400兆円、金融資産は2京2000兆円と、金融資産が実態経済の約4倍弱と、まさに金融バブルと呼んでいい状態が起こっていた。』

■実体(態)経済と、金融資産の比率は、

1990年
実態経済:3100兆円
金融産:5500兆円
比率:1.7倍

2007年
実態経済:6400兆円、金融資産:2京2000兆円
比率:3.5倍

になっている。

■金融資産が、もし全部、株や債券や証券だったとしたら、それだけ実体経済に利子、配当、利息という負荷がかかることになります。

1990年:1.7倍→2007年:3.5倍に債務者側の負荷が増えているのではないでしょうか?

つまり、金融機関や投資資産家の持ち物である金融資産の膨張によって債務者側である企業の負荷が増え続け、更には非正規雇用労働者の賃金が買い叩かれる様になる訳です。

又、昨年、原油の値段が異常に高騰しましたが、これも投資資金が先物市場に流れたせいです。

非正規雇用労働者は、賃金を買い叩かれ、先物投資による物価高の両方で、投資家連中にタカられ貧困に至り、野垂れ死にし続けているのです。

http://blog.auone.jp/fightingalgernon

 

不景気な世の中だからこそ、夢と希望と元気と絆の復活にむけて自ら汗かき

 投稿者:Figaro  投稿日:2008年12月26日(金)10時52分28秒
編集済
  政治家やお役人たちの発想そのものが、もはや時代変化に対応でない「消費期限切れ」になってしまい、暗いニュースばかりが目立つ日本になってきています。
昨年の一人当たりGDPの世界ランキングで、日本はなんと19位まで落ち込んでしまいました。いわゆる先進国中で最下位に近い状態です。

でも、「国が悪い!」と不平をこぼしているだけでは、日本の元気復活は実現しません。
ちょっと視点を変えてみましょう。
心(気分)の持ち方は、(国にとやかく言われることなく)個人の自由。
せめて、じぶんの気の持ち方から、前向きにCHANGEしてみませんか?

苦しく辛いからといって、採用面接の時にシカメッツラで臨んだら採用される筈もありません。
他方、ホンネはいくら苦しくとも、満面の笑顔をうかべ、自信に満ちた明るく元気な発声で、ジョークの1つ2つも交えて話せるような心の余裕をもって、≪ほんの2~3分で周囲を明るく変えてしまう≫ように自己訓練して採用面接に臨んだら、少なくとも小売やサービス業での雇用機会をゲットできるチャンスは急増します。

国を元気にしようとしたら、先ず自分の気持ちを明るく元気にしてしまう自己暗示(?)から始め、それを原動力にしながら、人それぞれが何かしら持っているその人ならではの得意技を活かし、≪みんなが明るく元気になる行動≫を起こしてみる。そして信念を持ってそれを続けていく..。
そんな国民的ムーヴメントが創れれば、たとえ一人の力は微力でも、近い将来、この国に、夢と希望と元気と絆が復活していく可能性が出てくると信じます。

来年はハイドン没後200年にあたります。
ハイドンの名曲「天地創造」ならぬ、「元気創造」に向けての小さな一歩(汗かき努力)を、あらためてスタートしてみませんか?
 

なんじゃこりゃあぁぁ。

 投稿者:ワープアは人権剥奪。メール  投稿日:2008年12月 5日(金)05時11分7秒
  ●米国のサブプライム問題、金融危機により、今年はおそらく大不況による失業者やホームレスが増加すると予測します。政府はセーフティネットの早めの整備をすべきと考えます。(日本には、世界恐慌時の対策マニュアルは有るのでしょうか?)

小泉構造改革では労働者の人権が守られず、前回の大不況(1997年~2000年代始め)では、失業貧困層は切り捨てられ若者のホームレス、犯罪者が大量に発生しました。そのせいで現在でも若者のワーキングプアがいます。

投資、金融業界や大企業、大都市部がバブルでわくなか、ワーキングプアは構造改革の好景気を享受することなくサブプライム不況に突入しそうです。願わくば、自殺者や野垂れ死にや犯罪者の貧困層が、これ以上増えない政策の舵取りを政府に願います。
貧困労働者層が不況の日本社会で生き残る事が出来る様な人権擁護(養護)の政策を政府に求めます。

○【年間1万人の自殺者増加(95年:22,445人→05年:32,552人)】http://research.goo.ne.jp/database/data/000606/

○【6年連続「生活苦しい」57% 過去最多】http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090901000606.html

○【国民年金納付率、格差最大34.8ポイント 都道府県別、07年度調べ】http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080809AT3S0800O08082008.html

○【4割弱が非正社員。派遣は倍増。07年厚労省調査】http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008110700859

○【年収200万円以下の労働者が1000万人以上】http://mainichi.jp/life/job/archive/news/2008/10/20081013ddm013100038000c.html

○【困窮家庭が増えたと担任が実感】http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=153564

○【寿命にも格差 低所得者の死亡率、高所得の3倍】http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2008110800730.html

○【日本の格差問題】http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2006/692/kakusadate.html

○《雇用環境も福祉も欧米以下!日本は「世界で一番冷たい」格差社会》http://diamond.jp/series/worldvoice/10012/

○【OECD相対的貧困率、日本は世界第5位から第2位。2006年】http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/44/index2.html
『対日経済審査報告書が指摘した二つ目の点は「日本の相対的貧困率は今やOECD諸国で最も高い部類に属する」ということだ。

相対的貧困率とは国民を所得順に並べて、真ん中の順位(中位数)の人の半分以下しか所得がない人(貧困層)の比率を意味する。
つまり、中位の人の年収が500万円だとしたら、250万円以下の所得層がどれだけいるかということだ。』

○【日本の所得再分配、国際比較でみたその特徴】http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis180/e_dis171.html
『日本では欧米諸国と比較して、
(1)再分配が小さいが、そのことには、社会保障給付のうち労働年齢層への給付が小さいほか、税による再分配が小さいことも量的にはかなり寄与している。特に中間層と低所得層の税率の差が小さいことが、相対的貧困率を高くする方向に影響している。

(2)労働年齢層への社会保障給付が小さい中で、昨今、少子化対策としても注目されている家族政策支出等が小さいことが、特に子供のいる世帯の相対的貧困率を高めにしている可能性があることが示唆された。』

○【欧州並みに あたり前の働くルールを】http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-06-19/25_01.html

○【2008年10月期、都道府県別有効求人倍率(パート含む)全国平均0.80倍に低下】http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/ippan/2008/10/hyou6.html

○【家庭の貯蓄(家計の資金余剰金)の減少】98年:25兆7014億円 ⇒ 03年:-3728億円(家計の資金余剰金=貯蓄金-投資金)

○【世帯当たり平均所得金額】http://nenkin.co.jp/lifeplan-blog/data/archives/2008/06/25-125709.php
(平成10年:655.2万円→平成17年:569.8万円)

○【サラリーマン平均年収】http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm
(平成9年:467万円→平成18年:435万円)

○【空前の高配当 東証1部上場】http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20060407mh09.htm

○【富裕層の年収、資産】http://waga.nikkei.co.jp/money/asset.aspx?i=MMWAb1000030072008
(年間所得2000万円超の人数は、90年→05年で1.91倍に増加。金融資産5000万円以上の層は366.9万世帯で日本の総世帯数の約7%)

○【証券、資産家優遇税制】http://kaz1910032-hp.hp.infoseek.co.jp/z141214.html

○【対外純資産と所得収支】http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2007/2007honbun/html/i4120000.html
(海外との所得収支 2000年:6.5兆円→2006年:13.7兆円、対外純資産残高 2000年:133.0兆円→2006年:215.1兆円)

○【相続税の課税割合は9年連続減少の4.2%、海外資産の申告漏れ課税価格は1件当たり9200万円で5年連続増加】http://www.lotus21.co.jp/data/news/0602/news060201_01.html

○【所得階層別給与所得者数の推移(単位:千人)】
区分 1998年→2005年:差

100万円以下~ 3,294→3,555:+261
100万円超~200万円以下 4,639→6,257:+1,618
200万円超~300万円以下 6,783→7,104:+321
300万円超~500万円以下 14,705→14,104:-601
500万円超~700万円以下 8,281→7,395:-886
700万円超~1,000万円以下 5,178→4,374:-804
1,000万円超~1,500万円以下 1,995→1,602:-393
1,500万円超~2,000万円以下 394→335:-59
2,000万円超~2,500万円以下 79→101:+22
2,500万円超 98→109:+11
合計 45,446→44,936:-510

■国民不在で政財界のお偉いさんが好き勝手な政治をしているせいで、国民労働者層の生活がぐちゃぐちゃになっているのがデータに如実に現れています。
日本の貧困率が高い原因は欧米諸国と比べて労働者の最低賃金が低い事、中間層と低所得層の税率の差が小さい事、所得再分配の労働年齢層への給付が少ない事によります。日本の生活環境、労働環境は欧米諸国先進国に劣り、むしろ途上国に近くなって来ているとも言えます。
 

新会社を立ち上げ、HP、ブログ、メルマガも立ち上げました

 投稿者:figaro  投稿日:2008年11月13日(木)15時54分46秒
  10月1日付けで「感動プロデュース株式会社」を起業し、Figaroが社長に、Susannaが取締役に就任しました。
新会社のプロフィールは、つぎのホームページをご覧ください。
http://www.kando-produce.co.jp/

また、これに伴い、ブログも立ち上げました。
http://kandopro.exblog.jp/
を、お気に入り登録いただければ幸いです。

概ね月に1度のペースでメルマガも発行していきます。
http://www.mag2.com/m/0000274204.html
から登録ください。

多くのアクセス、お待ちしております!
 

マンツーマン

 投稿者:ドイツ語会話個人レッスン  投稿日:2008年 2月 5日(火)16時03分18秒
  ドイツ語会話力を磨くドイツ語の個人レッスンをカフェ等で提供しています。
ドイツ留学、ドイツ出張の準備や大学でのドイツ語文法の習得にも必見です。

そのほかにドイツ旅行の情報など発信しています。スパ・クアハウスや世界遺産等も紹介。

http://www.cafetreff.com/site.html

 

レンタル掲示板
/10